PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

くら吹きな日々

アマチュアクラリネット吹きの日記です。一般バンドで吹きつつ、小学生の指導もしています。そして、子供たちも吹奏楽人なのです。
<< なぜ、楽器ケースを開けっ放しにしてはいけないのか | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
この4年の指導は、きっと間違いじゃなかった
なんか大げさなタイトルですね(笑)

11月に、校内で発表会の機会を頂きました。
今回は保護者だけでなく、全校生徒もいます。
新入部員の、本当に意味でのデビューになります。

曲目は、大昔の発表曲の再演を1曲入れました。
今の部員にとっては初見です。
当時、トランペットの6年生3人に
本来ソロパートを3人一緒に吹かせました。

今回も、6年生4人に同じことをさせます。
「やりたい?」と聞くとちょっと微妙な反応。

なんだよー、せっかくのチャンスじゃんよー
と、思いつつもまずはこらえて
「…とりあえずは、やってみたい?」
と、控えめに聞くと、全員「やってみたい」と。
ああよかった。これで決定。

で、今日は初練習。
2〜3分おさらいして、一緒に楽譜を追います。
ちょっとした間違いを直しつつ、どんどん進めます。

…あれ?みんなけっこう吹けてる?
いくら再演とはいっても、楽譜は初見のはずなのに。
結局、30分ほどの指導で、一応形になってしまいました。

大昔、初演当時の6年生も、決して下手ではなかったはず。
でも…初日でここまで吹けなかったなあ。
6年生、いつの間に力をつけていたんだろう。
しかも、一人は5年生からの途中入部だというのに。

6年生の演奏に、指導してきた3年半の「答え」を見ました。
自分の指導は、きっと間違いじゃない。
「正しい」とまでは言い切れないけど
少なくとも、間違った導きはしなかったと言えます。

この子達、あと2か月でどこまで伸びるか
楽しみになってきました。
さあ、頑張るよ〜!
| 小学校吹奏楽部のこと | 15:41 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:41 | - | - | - |









ランキング
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS