PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

くら吹きな日々

アマチュアクラリネット吹きの日記です。一般バンドで吹きつつ、小学生の指導もしています。そして、子供たちも吹奏楽人なのです。
<< アンコンと娘 | main | 発想の転換 〜朝練習にて〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
アンサンブル「発表会」が終わりました
娘たちにとってはアンコンのリハ的位置づけだった
アンサンブル発表会が終わりました。
娘たちを含め、前後数団体しか聞けませんでしたが
その中では一番良かったと思います。

が!
娘の感想は「全然だめだったよ。練習の方が良かった」
どうやら、お借りした楽器がうまくフィットしなかったようです。
こういうところは、打楽器の宿命でしょうか。

「アンコン本番はうちの楽器を持っていきたい」
よほど悔しかったのですね。
共催イベントだとありがちなことですが
気を付けないといけないですね。

娘、初めての発表会(昨年)は「何が何やら」で
本番直後には自分たちの演奏を冷静に判断できませんでした。
「いいんだけど、もうちょいかな」と私が言っても、聞く耳持たず。
(私の言い方も悪かったんですが…)

今年は私が「去年より良かったよ〜」と山盛り言っても
「いやいやいや」ときっぱり否定。
こういうところに、成長を感じます。

帰宅後、撮影ビデオを見ながら反省会。
私もそうですが、自分の演奏を聴く(見る)のって
けっこう嫌なものです。
できが悪いと思っているならなおのこと。

でも、娘は頑張りました。
再生しては一時停止し、スコアを見つつ考えて。
参考音源も引っ張り出しては比較して。
気持ちの冷めないうちに
こういう作業をするのは、すごく有効ですね。

きっと、次につながることでしょう。
| 娘のこと | 10:30 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:30 | - | - | - |









ランキング
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS