PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

くら吹きな日々

アマチュアクラリネット吹きの日記です。一般バンドで吹きつつ、小学生の指導もしています。そして、子供たちも吹奏楽人なのです。
<< 2年の間に何があった?その4(最終回) | main | 神奈川吹連の粋な計らい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
大人のコンクールをいろいろ考える
学生時代から今まで
吹奏楽コンクールには幾度となく出場してきました。
ここでは「千葉県・一般の部」に話を絞って
私の数少ない経験から「大人のコンクール」を考察してみます。

若いころの「A楽団」
県大会上位団体(当時)歴史と伝統のある楽団だけど
さほどガツガツ練習するほうではない。
指揮者さんと選曲担当団員さんが
「うちの団のよさを引き出す」のに長けていて
よそではマネできない、オリジナリティに富んだ選曲で勝負。

幸運なことに、結果もついてきて
最高で「支部大会ダメ金」でした。
あと1団体抜かせば全国だったのにな〜

学生時代は大真面目な正攻法しか知らなかったけど
こういう取り組み方もあるんだ、と目からうろこ。
まぁ、柱となってたメンバーがうまい人だらけだったのも
大きかったなとは思いますが。


ちょっと年取ったころの「B楽団」
人数も少ない、コンクールの成績もパッとしない楽団。
まぁ、それはいいんだけど
今でも「ダメだこりゃ」って思ってるのは
いい歳して(笑)コンクールに対する偏見のすごいこと。

「コンクールはしょせんカネの世界」
「うまいバンドはどこも入団時オーディションするんでしょ」
「コンクールに出るなら特別な練習しないどダメでしょう」

私だって、すべてをわかってるわけじゃないけど、
少なくとも2番目はきっぱり否定しましたよ。
そんなん、あるわけないじゃん(やってるところもあるけどね)
って、訂正しても聞く耳もたないのね。
もちろん、発言は一部分の人なんだけど
こういう言い方をする人がA楽団やその周辺バンド関係者には
全くいなかったんで、すごーく印象に残ってます。

そのうち、ここはコンクール不参加になりましたとさ。
地域の方々のためにコンサートをやるって趣旨は
当時も今も理解できるけど
あの頃より人数増えたし(あ、クラは増えてないや)
コンクールにチャレンジしてもできそうだと思うけどなぁ。
指揮者さんとの兼ね合いもあるから、難しいかなぁ。

つい最近の「C楽団」
3つの中では一番歴史が浅い団。
一度だけ県代表になったことがあるが、最近は県大会どまり。
やっぱり人数が少ないのがネック。

ただ、ここの団の方が
「人数少ないし、最近はコンクールの成績もよくないのはわかってる。
でも、コンクールは出続けないと、一般団体の中での存在感が薄くなる。
だから、苦しいのは承知で出場します」
と、きっぱり言い切った姿に、私は胸が熱くなりました。

言い訳しない、妥協しない。
一般団体はいつもベストメンバーがそろうわけじゃない。
だけど、大人なんだから、ぐずぐず言わずに頑張る。
そういう姿勢って、ものすごく大事。

よく「コンクールなんか」という意見が出されるたびに
「コンクールのどこが悪いんだ?」と思います。
要は、取り組む姿勢なんですよね。

問題がない、とは言いません。
自由曲カット問題、3出問題、代表枠問題などなど。
それでも、効率よく演奏技術などを第三者に審査してもらえる
このイベントは、なかなかよくできていると思います。
いい演奏ができるよう、自分たちのいいところが伝わるよう
選曲からあれこれ考えるのって、絶対楽しいはずなのに。

そして、残念なことに
コンクールにでなくなってから上手になった団体を
私は、今まで聞いたことがありません。
やっぱり、コンクールという場所は
吹奏楽にとっては必要不可欠なものなのかもしれないですね。
コンクール信者、ってわけじゃないけど。

※一部修正しました。
| クラリネット | 15:27 | comments(4) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:27 | - | - | - |
「コンクールは出続けないと、一般団体の中での存在感が薄くなる。だから、苦しいのは承知で出場します」の言葉に、なるほどな〜・・・と思いました。
私も、高校時代はコンクール命(?)のような感じでしたが、社会人になると仕事や家庭の事情で、なかなかそうはいきませんよね^^;

しかも、昨年までの数年は、クラパートも人員減少で、私も体調不良やら義母の介護やらでコンクールは不参加にしようかな・・・と思いながら、なんとか出てました。

それが、今年はパートリーダーになってしまい、出ないという訳にもいかず・・・
でも、クラのメンバーの協力のおかげで何とか持ち堪えてきました。
やはり、団員同士の温度差はなかなか埋まりませんが、それでも仲間たちと力を合わせれば、素敵な事も起こると実感した今年のコンクールです(笑)

おかげで今年はクラパートの結束が、いつもとは違いようです。
これをいつまで保てるかが問題ですけどね^^;

つい長々と失礼しましたm(_ _)m
| 苺たると | 2012/08/23 6:34 PM |

>苺たるとさん
いえいえ、ここは長話歓迎ですよ〜(*^_^*)いいお話をありがとうございます。

苺たるとさんの団も、そして苺たるとさんご自身も、いろいろなご事情があって、決して「楽」ではなさそうですね。社会人ならではの困難を乗り越えた結束の固さは、なかなか得難いものかもしれません。音楽の神様は絶対いるんだなぁって、
苺たるとさんのお話からも感じます。

どんな素敵なサウンドを聞かせてくださるのか、今からとても楽しみです♪早く秋にならないかな〜。
| さきいか | 2012/08/26 6:44 AM |

こんにちは('-'*)


はじめまして。

私も長い間一般の吹奏楽団で指揮やクラリネットで活動して来ましたが、そろそろ退職の年なので昨年で退団しました。


楽団の創立から40年近くなりますがここ15年程は毎年のように全日本に出場してたびたびゴールドも頂きました。


コンクールに関しては外側から見れば成功してるようですが外部より招聘してる音楽監督のワンマンバンドに次第になり年間全てのコンサートブログラムにも口出しし本番寸前まで認可出来ない事もあり普段の平日練習も23時までが週に数回が普通になり日曜日も朝から夕方まで埋まります。
課題曲、自由曲が決まるのは県大会一ヶ月前くらいです…


年間団費も四割が指導料になり監督練習後には先生が酔い潰れる午前2時くらいまでが接待となり若い女性数人が個人的に呼ばれます。


その様でもコンクールの成績が良いので団員は我慢します、合奏は先生と生徒の関係になり学生のような練習になり全員前で選別されます。


これがコンクールを真面目に目標にしてる楽団ですよ。。。


これだけの技術が有るならば自分達がやりたい曲で楽しみながらコンサートやれば良いのです。


失礼しました?
| マイスターフォ−ク | 2013/04/23 8:18 PM |

>マイスターフォ−クさま
こんばんは。レスが遅くなったことお許しください。

「コンクールで結果が出ると指導者(教員含む)がワンマンになる」
悲しいですが、明らかにコンクールの弊害でしょうね。
私の身近なところでもそういった話しを聞きました。

>これだけの技術が有るならば自分達がやりたい曲で楽しみながらコンサートやれば良いのです。

勿体ないですね。おっしゃる通りだと思います。
正直、何が楽しくて活動しているのかな?と思ってしまいます。
行き過ぎは危険、ということでしょうか。
貴重なコメント、ありがとうございました。
| さきいか | 2013/05/13 12:17 AM |










ランキング
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS