PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

くら吹きな日々

アマチュアクラリネット吹きの日記です。一般バンドで吹きつつ、小学生の指導もしています。そして、子供たちも吹奏楽人なのです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
ダンナ、倒れる
数日前の朝。
ダンナがいつまでも布団から出てこない。聞くと、熱があるそうで。

「で、何度だったの?」
「39度5分」

ええーっ?
ちょ、ちょっと大丈夫なの?

「なんか頭も痛い」

なんて言ってるうちにどんどん具合は悪くなり。
さきいか、仕事を休んで病院に連れて行きました。



病院に着いてからも辛そうで、大の大人がうんうん唸ってるって
これはけっこうまずいんじゃないの?って素人でも分かるほど。
あれこれ検査して、ベッドで休みながら点滴を打ちました。

点滴を打ってる間、注射針の刺さったほうの手を見ると
夏なのに全く血の気がなくて、変な話「死んだ人の手」の状態になってました。

…目の当たりにしたさきいか、ちょっと泣きが入ってたかもしれん(笑)

なんか怖くて怖くて、自分の掌をくっつけたり摩擦したりしました。

で、延々4時間かけた結果「よくわからない」という驚きの結果に
(もうやだ…これだからヤブって)
とりあえずの薬をもらい、帰宅。
結局この日は朝・昼・夜と全く食事を取れず、入院も覚悟しました。

翌朝、熱は少し下がり、いくらか体調は戻ったようです。
看病を子供たちに任せ出勤すると

「もしかして、熱中症だったんじゃない?」

と同僚に言われました。
もしや…

「ねえ、出勤で家出る前と会社着いた後、水分摂ってる?」
「うん、どっちもお茶1杯」


それだー!!


(注)うちのダンナという人は


この炎天下、往復20キロ以上自転車通勤してます(;´Д`)


この後、病人相手ですがみっちり説教しておきました。
皆さん、熱中症予防には「水分+塩分」ですよ〜
| ダンナのこと | 01:29 | comments(2) | - | - |
砂糖入り麦茶はなぜ廃れたのか?
さきいかの主張
ペットボトルのお茶普及により、
お茶・麦茶が均一・標準化された弊害!


さきいかダンナの主張
昔の麦茶は「煮出し」が主流で「水出し」はほとんどなかった。
「煮出し」のほうが濃くて渋かったはず。
だから子供向けに砂糖を入れて飲ませたのだ!


夏の夜、大真面目に議論してしまった。決着、未だ付かず。

※ちなみにさきいかもダンナも、子供時代は「砂糖入れる派」でした。
今、うちの子供たちに「砂糖入り麦茶」の話をしたら
「ぎえ〜〜〜」と言われてしまった…
今の子たちには「ありえない飲み物」らしいですよ。
| ダンナのこと | 18:27 | comments(10) | - | - |
結婚詐欺師!
今日は9回目の結婚記念日ですケーキ2
入籍のいきさつはこちら。

オトモダチな関係からスタートしたせいか、
昔も今も、きっとこれからも、どこか淡々とした関係だなあと思う。
それが影響してるのかどうだか知らないが、
ダンナは結婚記念日をほぼ毎年忘れる。
きっと今年も忘れているんだろう。

…なんか少し腹が立ったのでダンナの「結婚詐欺」話を全世界に暴露しちゃおう。
友人・知人の皆様、「あの話」です。
続きを読む >>
| ダンナのこと | 09:59 | comments(6) | - | - |
ランキング
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS